アラサー、30代でも結婚したくない人の5つの心理

晩婚化や少子化が進んでいる日本ですが、30代になってからも結婚はしたくない人はたくさんいます。男性はまだまだこれからですが、女性にとっては子供を産むタイムリミットもあるので、結婚について真剣に考える年代でもあります。

そこで30代になってからも結婚に興味のない人たちの心理について紹介します。

 

30代やアラサーでも結婚したくない人の心理

もっと自分に合ったいい人がいると思っている

30代になっても結婚に興味がない人の心理としては、これから先に自分に合った人が現れると思っているのかもしれません。男性は30代になると仕事やプライベートも充実してくる年代なので、自分に自信を持つことができます。

しかも若い女性からモテる年代でもあるので、モテ気に突入する年代を楽しみたいと思っています。女性も女子力アップして年上男性の理想的な相手を探したいと思っているので、まだまだ自分に合った理想の相手を探したいと思っています。

 

自分はまだ若いと思っているので、結婚して子供を持つことに対する現実味を感じることがないのかもしれません。

結婚するにはまずは理想的な相手を探してから、恋愛の末に結婚したいと思っているので、まだまだ恋愛を楽しみたいと思っているのです。

 

スポンサーリンク

 

仕事をするのが楽しい

30代になると仕事もある程度自信を持って取り組めるようになりますし、収入も比例してアップする年代です。そのため仕事をするのが楽しいと思うようになり、もっと上を目指したいと言う願望を持つこともあります。

特に女性は社会進出をしてから対等な関係性で仕事をすることができるようになってきたので、仕事をすることが楽しいと感じることが多くなります。

 

やりがいのある仕事ほど波に乗った時は楽しいと思ってしまうので、一度仕事の楽しさを覚えてしまうと頑張り続けてしまいます。

女性は結婚して子供を産むことになれば、仕事を一旦諦めなければいけないので、仕事が楽しいと思っているうちは結婚したくないと思っています。

 

 

結婚して今の生活を捨てるのが嫌だ

自分の身近にいる結婚した人の話を聞くと、自分には耐えられないと思うような生活ばかりなので、結婚に対するマイナスなイメージを受けます。

子供が生まれれば今の生活を捨てても幸せをかんじることができますが、好きな物を買うこともできないですし、子供中心の生活になるのが嫌だと感じているかもしれません。

 

今の生活にある程度満足しているので、この生活を捨てて結婚生活をしたいかと問われれば、嫌だと思ってしまいます。

30代では結婚するのにも良い年齢ですが、これから結婚することで生活が大変になることへのマイナスイメージがあるので、いつまでも踏ん切りがつきません。

特に収入が少ないと余計将来が不安になってくるので、結婚してもっと生活が悪くなってしまうのが嫌なので結婚をしたくないと思っています。

 

スポンサーリンク

 

まだ大丈夫だと思っている

30代になっても結婚に対しての危機感が少ないので、まだ大丈夫だという気持ちがどこかにあります。男性は40代になってからも自分は大丈夫だと思っていますし、女性も美魔女になれば結婚するチャンスはあると思っています。

身近にいる人も結婚している人の年齢が高かったり、40代になってからも結婚している人がいるので、そこまで焦っていない人が多いです。

 

40代になってからも若々しい人が多いのを知っているので、自分はまだ30代だから大丈夫だという変な自信を持っているのです。

確かに見た目的にも若い人は多いですが、結婚は付き合うだけではなく出産や親の介護の問題などいろいろあります。楽観的に考えていたりまだ若いから大丈夫だと思っている人が多いので、結婚の年齢もだんだんと高くなっていくのです。

 

 

充実した生活を送っているので今のままが幸せ

30代に今の生活は今までの人生の中でも一番充実していると感じているので、今の生活を手放したくないと思っています。20代の頃は友達と遊ぶのが楽しかった時代ですが、収入も少なく欲しい物も買うことはできませんでした。

しかし30代になると収入もアップして自分に実力もついてくるので、欲しい物を買うこともやりたいことも何でもできると思うようになりました。

 

やらいたいことが何でもできるようになると、今の生活を捨ててまで結婚したいとは思わなくなってくるので、今の生活のままがいいと思っています。

結婚したことによって今の生活が壊されてしまいますし、自分の楽しい時間を邪魔されてしまいます。子供は欲しい思う反面、今の生活を手放したくないという思いから、いつまでも今のままでいいと思ってしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

30代で結婚を焦らない人の多くは、自分はまだ若いという自信があるので、結婚を急ぐ必要がないと思っているのです。特に30代は自分に自信を持てるようになる年代でもあるので、やりたいことができるようになります。

結婚生活にマイナスイメージを持っている人は、今の生活を捨てたいと思わないので、30代でも結婚はまだ先に延ばそうとしているのかもしれません。