ビジネス心理学を使って仕事で成果を|交渉、印象、など

今回のテーマなのはビジネス心理についてです。

主に仕事などで使える心理学について何個か紹介をしていきたいと思っています。ビシネス心理を使えば大きな成果を出すことが可能です。

 

仕事で使える心理学を利用してビジネスを

長所を全面的に出して印象を「ハロー効果」

心理学はハロー効果というのがあります。ハロー効果の名前の由来は、アメリカの心理学者である、エドワード・ソーンダイクという人がつけました。

ハロー効果はどのような効果あるのかです。

 

ある人物や物事を評価する時、その人に大きな特徴があった時にその特徴の評価が引きずられてしまうという心理的な効果があります。

ハローというのは、英語のハローではなく、お釈迦様やイエスキリストなどである、背中の後光を差しているあの後光のことです。なので、別名後光効果ということもあります。

 

基本的に人間は、物事に対して、印象的な大きな特徴を見つけてレッテルを貼ろうとしています。

その理由はレッテルを貼っとくと、タイプ分けをする時に認識をしやすくなるからです。バボで人間は無意識のうちに特徴を基盤として、人物の物事の評価をしてしまっています。

 

例を出すと、スポーツがよくできて、有名な人だと、性格がとてもよくて、かっこいいとイメージがあります。

しかしながら、スポーツができるからといって、全員が性格がいいとは限らないです。なので、こっちが性格がいいと勝手に拝借してしまいのがハローワーク効果です。

 

どのようにして仕事に持っていくかですが、まず最初にやることは長所を伸ばすことです。長所を全面的に押し出すことを宣伝し、広めることです。

そうした場合、みんなが長所の方に目がいってしまい、自分に対する評価は長所以外のところも全ていいと勝手に評価されるものです。

 

スポンサーリンク

 

潜在意識を目標設定で「宣伝効果」

次に宣伝効果です。宣伝効果は一体なんなのかと思う人もいるでしょう。

その理由は、周囲の人たちに目標を宣言することや、目標達成率をあげるということです。その例として、テストで100点をとると周りに宣言するとします。

 

そうすると、もし100点取れなかった場合、周囲に笑われるのがおちですが、そうならないために、必死になって勉強します。

これはある意味、自分に追い込む手段とも言えます。そして力強く宣言することによって、自らの潜在意識に明確な目標を刻むことができますので、潜在意識はとても巨大な動力源で、その目標を刻み付けることができれば、目標に向かって、努力することができます。

 

 

説得、交渉するなら食事の席で

次は、食事の席では相手を説得しやすいことです。仕事上、何があっても相手を説得をしなければならない時があります。

その時の場合は、食事の席を設けて、そこで説得をすればいいです。アメリカの心理学者のラズラントいう人はそのような研究結果を発表をしております。

 

したがって、なぜ説得しやすいというと、食事中は、機嫌がとてもよくなり、本能的に安心をした心理になります。

人間でも元々は動物から進化していて、食べることは、達成感と安心感が湧き上がるようになっているからです。そして、口の中に食べ物が入っていると、なかなか言い出せないものもあるからです。

 

よく見るのは、政治家が国を挙げて大きな交渉をする時は、必ずといっていいほど宴会や、食事の席で行っています。これらは、食事中の時話がまとまり易きことを知っているからです。

そして仕事を取ってくる中小企業のお偉いさん達も食事を誘うことはとても上手ですし、そこで、仕事の依頼を獲得するやり方も知っているからです。

なのでどうしても相手を説得してい時には、食事中に行うといいです。そして、仕事では時にハッタリや演出も必要とされる場合もあります。

 

スポンサーリンク

 

仕事をしていると、やはり思うことは人を動かすことが必要になる場合が多くなってきます。

それが多くなるのは主に地位が上がって、管理者などの立場になって、外部の人と交渉を行うこととても多くなり、相手を動かさないといけない場合が多くなってきます。

 

その時に淡々と対応だけをしていると、うまくいかないときがとても多くなってきます。そういう時に、ハッタリや、演出が必要とされることが多くなります。

緊急時に部下などを動かさない場合、いつも通りに指示しても思い通りに動いてくれない場合は、演出や、ハッタリを一つを入れて動いてもらう必要があります。

 

あと、プロジェクトをする時に多くの部下達の協力する時に頑固な意思と信念をきちんと示さなければいけませんし、確信と自信を持っていることは、強さと実行力をアピールする必要があります。

そして、逆に意思や、信念がとても弱く、強さや実行力がなければ誰もついてきてくれないです。したがって、強固な意思と執念や自信と確信や、強さ、実行力を持っていることはしっかりとアピールする必要があることがとても日強だと思われます。

 

もちろんのことですが、嘘をついたり、法螺をを吹いたりすると、すぐに見破られてしまうので気をつけてください。しかし、同じことを伝えるにも伝え方によっては、スムーズに動いてくれることもあります。

そして最後に、外部の人と交渉する時は、自分を大きく見せるハッタリや演出はある程度必要です。そして、自分の実績は積極的にアピールをして、相手に信頼される準備をする必要があります。