心理コラム【メンタリン】

美容整形を繰り返す人の心理|なぜ依存してしまう?

time 2017/08/10

美容整形を繰り返す、依存する人の心理について。美容整形に対してのイメージが変わりつつあり、身近なものに感じている女性も多いです。長年抱いてきた自分のコンプレックスを解消するために利用する美容整形であれば、見た目的にも大きな変わりようはないかもしれませんが、繰り返し整形を行うことで、原形をとどめていない女性もいるものです。

なぜそんな女性は美容整形を繰り返しているのか、心理に迫ってみることにしましょう。

 

美容整形を繰り返す人の心理

褒められる心地が良い

「前よりも良くなったね」とか「どんどん綺麗になっていくね」と言われる言葉が嬉しくて、美容整形を繰り返してしまうという女性もいます。自分にコンプレックスがあるというよりも、「褒められる」ということが嬉しくて繰り返してしまっているのです。

このような女性は、元から整っている顔立ちだったり、男性からモテるという女性も多く、「欠点」と思われる点がない場合もあります。

 

ただ褒められることが嬉しくて繰り返しているこの女性は、自分のためのコンプレックス解消という訳ではなく、周りの自分への評価を気にしていると言えます。

「こう思われたい」「良く思われたい」というイメージや思いが強く、それに近い言葉を言われることで認められたような気持ちになれるのです。

褒められる心地が良くて美容整形を繰り返す人は、どんなに完璧な顔立ち、スタイルになっても、更なる褒め言葉が欲しいために、再び整形してしまうでしょう。

 

スポンサーリンク

 

美容整形するたびに自信が得られる

美容整形では、「こうしたいな」と思った通りに変えていくことができますよね。「ここの余計な肉が気になる」と思えば、その分吸引したり溶かすことができたり、「もっと目が大きければな」と思えば、切開したり二重の幅を広げて大きくすることが可能。

その女性が少しでも「こうなりたいな」と思っている理想に近づけることから、実現した際には自信が持てるようになります。欲しい物を手に入れた時に、「やっと手に入れた」と満足感を得るのと同じで、欲しい姿を手に入れた時にも満足感と自信を得られます。

 

物とは違い、自分という人そのものを変えることで、周りへの印象を変えたり、自分の「こうだったらいいな」を叶えていくことができる。このように変わっていくたびに自信が得られることで、「こっちもこうしたいな」という欲が出てきてしまうのです。

それまでは気にしていなかった所でも、他の欠点を改善していくうちに、些細なことが大きな欠点かのように見えてくるのです。美容整形を繰り返す人の多くは、この「欲」が止められないということが多いのです。

 

 

今の若さのままキープしたい

年々と歳をとるにつれて、シワやシミが目立ってきたり、疲れが取れなかったりと、年齢を感じることはありますよね。当然皆平等に年齢を重ねて行く訳ですが、努力や方法によっては、同じ年齢であっても若さを演出することは可能です。

不思議なことにホウレイ線を一本消しただけで一気に若返りを手にすることができ、「このまま若さをキープしたい」という気持ちが膨れ上がってきます。

 

ただそれは一生涯続くものではなく、キープするためには常に通い続けなければならなくなります。「もう老けたくない」「周りよりも若く見られたい」という思いが強ければ、何度も足を運びキープしようと努めるでしょう。

一度やってしまったからには、キープしないといけないというプレッシャーや恐怖が襲い、このように通い続ける人もいます。「どこで辞めればいいのか」と自分でも分からなくなり、若さを保つためにこれからも通い続けることとなるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

元々が気にしやすい性格

「あれ?ちょっと太った?」とか「クマできてない?」と、心配されたり変化を言われただけなのに、気にしすぎてしまう女性。

元々気にしやすい性格で、後から悩みに変わってしまうようなタイプの女性は、気にしないで済むようにと美容整形を繰り返してしまうこともあります。

 

周りから言われた言葉にすべて反応し、それを改善しないことにはずっと気にしてしまうタイプの女性は、自分が「こうしたい」という思いで整形をしている訳ではなく、周りから批判的な意見を言われないために美容整形しているのです。

自分のためにしているのではなく、周りの意見が気になってしているという状態ですから、本人自身にも美容整形によってストレスがかかっている場合も。

彼氏から言われた一言、家族から言われた一言をずっと気にして、美容整形で直していくという人もいることを考えると、簡単に傷つくようなこと、気になるようなことを言わないように気を付けた方が良いでしょう。

 

 

まとめ

一度や二度程度の美容整形なら、近年では多いかもしれませんね。プチと呼ばれる美容整形も多くなり、手頃な価格で気軽にコンプレックスを改善できるようになり、身近なものへと変わりつつあります。

しかし度が過ぎてしまう美容整形は、見た目的に必ずしも魅力的であるとは言い切れないもの。客観的に見てまだすべきなのか、もうやめた方が良いのか、冷静になって考えてみることも大切でしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




カテゴリー