ウェブサイト・ブログの記事作成で使える心理学

実店舗におけるマーケティングには様々な心理学的な要素が組み込まれていますが、それはウェブサイトにおいても同じです。

そこで、これからウェブサイトを立ち上げて、それを職業にしようと考えている方に是非参考にしてほしい心理学的効果を狙った記事の作成方法をご紹介したいと思い、今回のコラムを作成してみました。

 

ウェブサイトやブログ運営で使える心理学

ソース(情報源)は権威あるものから

昨今、様々な事件や事故などがニュースで報道されていますが、必ずと言っていいほどその道に詳しい専門家の意見も合わせて放送されています。

これは専門家が言うのだからこの事件の解釈はそれで間違いないとあたかも自分自身の解釈のように捉える人が多く、ニュースに対しての信憑性を高める狙いがあります。

古くから利用されている手法であるため、ウェブサイトに掲載する文章にも活用されていることが多く、文章はもちろんウェブサイトの信頼性が向上する効果があるため記事のソースは権威あるものから引用・作成してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

「初頭効果」SEO対策にもなるウェブサイト構築技術とは?

Googleやbingなどのウェブサイトを巡回して検索結果の表示に大きく影響する検索エンジンクローラーは上から順番にチェックされていきます。

そのため、検索結果の上位に表示させるためには最初にいくつかのキーワードを盛り込んだ文章を作る必要があるわけですが、その時にもう一つ注意してもらいたいことがあります。

 

それは、「初頭効果」と呼ばれるもので、第一印象がその後の印象形成に大きく寄与することからウェブサイトのデザインはもちろん、作成する記事の内容も初めにテーマと合致した文章を持ってくることが大切となります。

上記を意識しないと、せっかく数時間かけて作成した渾身の記事が検索したキーワードと違うものと思われてしまい、最悪の場合ブラウザバックされてしまいかねませんので注意しておきたい効果です。

 

 

「クレショフ効果」警戒心をなくして機会を逃すな

古くから絵画や映画の世界では意識して使われている「クレショフ効果」と呼ばれるものがあります。

これは、ある画像や映像を見た前後の画像や映像に対する受け手が感じる意味合いに影響を及ぼすと言うもので、商品パッケージに使用後に悩みが解決された人物の写真や名刺に笑顔の自画像を掲載することで、いい影響を与えてビジネスチャンスの機会獲得に大きく貢献してくれます。

これは、ウェブサイトを構築する上でも使用する画像や映像の見せ方を工夫することでいい影響を与えることが出来る一方で、組み合わせを間違えるとイメージダウンにも繋がる大切な要素と言えます。

 

スポンサーリンク

 

「返報性の法則」読者にとってプラスになる記事を

スーパーや百貨店の食品売り場では必ず試食会が行われていますが、これは無料で美味しいものを提供してくれた御礼にその商品を購入してあげようと思わせる狙いがあります。

これを「返報性の法則」といい、自分にとって利益のある関係が続くと何らかの御礼をしてあげたいと思う原理のことでウェブサイトの記事に関しても読者にとって有益な内容を継続的に提供し続けることでお気に入り登録したり友人にHPを紹介してくれる可能性が高くなります。

どのビジネス分野においてもお金よりもお客様目線に立ってサービスを提供し続けることで報酬がついてくるものなので、ウェブサイトを作って儲けることよりも読者にとって如何に有益なサイトにするかを考えることが大切となります。

 

 

エキスパート向け?「ヴェブレン効果」とは?

グッチやエルメスの商品は他の会社の商品と比べても高額で販売されていますが、需要は高く、個人のブランディングにまで影響をあたえることが出来るほどのブランド力を持っています。

この他人と差別化して目立ちたいと考えるために高額なブランド商品を購入する現象を「ヴェブレン効果」と呼びます。

 

ウェブサイトにおいてもニッチな市場に特化した記事を投稿し続けることで他人との差別化に大きく寄与することができればアクセス数を安定させることはもちろん、グッズ展開により収入を増やすことができるかもしれません。

ただし、この効果を狙う場合はある程度ブランディングに関するノウハウを持った上にカリスマ性も必要となりますので一筋縄にはいかないのも事実です。

最近ではYouTuberで人気となってから自身のブログやコラムを作って収益を増加させる手法が取られていますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

「カクテルパーティー効果」心地いい記事の作成を

人は誰しも雑音の中に「◯◯さんって格好いいよね!」「カンタンに儲ける方法があるらしいよ」など自分に都合の良いことに脳が反応して聞き分けることができる現象を「カクテルパーティー効果」と呼びます。

ウェブサイトのアクセス数を伸ばすことを考えるとより多くの人に都合の良いテーマで記事を制作すると効果的です。例えば、「儲かる方法」や「モテる方法」「尊敬できる人物になるには?」などが挙げられます。

ただし、これはプロブロガーやアフィリエイターの多くが知っていることなので世に多く出回っていることも事実です。その中で勝つには内容を充実させてリピーターを増やすことが重要です。