毒姉の心理的特徴|なぜ長女?卒業するには?

最近「毒親」というワードが話題になっていますよね。毒親とは自己中心的で身勝手な言動によって家庭内に「毒」を振りまく親のことをいいますが、それに伴って「毒姉」という言葉も浸透しつつあるのはご存じでしょうか?「毒姉」は特に姉妹の長女に多いといわれており、毒親とはまた違った厄介な存在であるようです。

もしあなたがお姉さんの立場であれば、知らず知らずのうちにそのような存在になっていないでしょうか?毒姉の実態とその心理的特徴、なぜ毒姉が長女に多いのかを考察してみました。また、いつのまにか毒姉化していたという人が自分自身を見直すポイントについても紹介します。

 

毒姉の心理的特徴

毒姉の心理的特徴として主なものは次の5点です。

 

自分が家族の中で一番偉いと思っている

毒姉は、自分が兄弟姉妹の中で一番優先されなければならないと思い、そのような態度できょうだいをけなしたり指図したりします。

ひどい場合には、親よりも偉いと思い込んでいます。その主張は一番稼ぎの良い仕事に就いているというような社会的なステータスとは関係ありません。

 

毒姉が家族の中で一番社会的ステータスが高いならもちろん誇りに思うでしょうが、もし弟や妹が自分より出世しているとか成功しているのであれば「姉に恥をかかせた」という怒りの感情を持ちます。

どちらにせよ自分が一番偉いことには変わりないのです。

 

スポンサーリンク

 

家族をしもべのように扱い、家事などを嫌がる

毒姉は家の掃除や炊事などの家事が大嫌いです。趣味で料理などをする場合もあるかもしれませんが、日々の家事は嫌がります。

基本的に家族の為に働くということが許せないのです。そのような心理から、大人になって親と同居している場合は母親や弟や妹が家事を担当することになります。

それが当然だと思っているので食事や洗濯のやり方に堂々と文句をつけることもあります。

 

 

全くの他人の前では普通にふるまえる

毒姉はどこでも自分勝手なわけではありません。学校や職場など他人の前では礼儀正しくふるまえることが多く、「とても良い人」と思われているケースも少なくありません。

対人トラブルを起こすことは普通の人よりもかえって少ないようです。

 

 

友人関係が希薄

毒姉は他人と深く付き合うのが苦手です。自分が心を許した相手には家族に近い態度をとってしまうため、関係が長続きしません。

長く付き合える親密な友達などはとても少ないことが多いです。

 

 

兄弟姉妹の結婚相手に冷たい

上で述べた通り、毒姉は家族の中で一番偉いと思っています。なので弟や妹が結婚する相手は当然自分の目下として扱いたくなるので、付き合いをするとささいな事でも衝突が起こります。

弟や妹の配偶者は、家族の延長の存在でありながらも一緒に暮らしてきた弟や妹のように思い通り動いてくれないので、イライラしてきつくあたってしまうことが多いようです。

以上のような特徴があります。あなたも気づかぬ内にこのような存在になっていないでしょうか?

 

 

なぜ長女が毒姉化しやすいの?

長女が毒姉化しやすい理由は、幼少期からの精神発達過程にあります。長女は生まれた時から親の愛情と期待を一身に受けて育ちますが、弟や妹が生まれると親の愛情のライバルができます。

もし姉が不安の強い心理的傾向があった場合、弟や妹の存在には当然強いストレスを感じます。

 

しかし、幼い内は年齢差によって身体能力や知能に差ができるため、どんなにやきもきしても激しい劣等感のようなものは生じにくいのです。

小学校、中学校と進んでいく中でも常に弟や妹の知らない数年先の世界を歩んでいる姉は、自尊心を根底から崩されることはありません。

 

ところが、兄弟姉妹が成人し大人の社会に出ると、そこにはもう年齢差が関係ない世界が広がっていて、そこで初めて姉は弟や妹と横並びになって評価されることになります。

「自分の方が上だ、そうでなければ困る」という固定観念を持っている姉はその呪縛から逃れることができず、人をけなしたり指図することで何とかしてきょうだいと差をつけようとします。

 

あまりに重症化すると「自分をこのような状況に追い込んだのは親のせいだ」と親を責めるようになってきます。そのような言動が家族から「毒」をふりまいているように見えるわけです。

特に、成人してから結婚適齢期が男性よりも早く訪れる女性にはこのようなジレンマが発生しやすいので、長女が毒姉化する場合が多いのです。

毒姉が身勝手にふるまう原因には、このような成長過程でつくられた不安定な精神構造にあるのです。

 

スポンサーリンク

 

毒女から卒業するにはどうすればいいの?

ここまで読んで、自分がいつのまにか家族を困らせる毒姉化しているかもしれないと思った人はいませんか?

もしそうであれば、ぜひ次のポイントを参考にして毒姉から脱却してください。

 

自分を人と比べるのをやめる

自分は常に人より秀でていなければならないという概念にとらわれていませんか?そんな考えを強く持っている人は、実際人より劣ったらどう困るのかを考えて見てください。

自分の生活上で特に困ることはないんじゃないでしょうか?

自尊心の源泉を人に求めると、トラブルや負の感情を生んでしまいます。これからは、人と自分を比べるのをやめ、自分自身がどうなっていきたいかを真剣に考えてみましょう。

 

 

自分が夢中になれるものを見つける

毒姉化する人は、自分が本当に欲しいものが分からない傾向があります。人が持っている物や環境を羨ましい、妬ましいと思うことはあっても、自分自身が本当にそれを欲しいのかが分からないので常に不安でいっぱいなのです。

自分が夢中になることができるものを見つければ、人と比べる必要のない自分だけの幸せを感じることができます。

 

興味をそそられることや好きかもしれないと思うものには、積極的に関わってみましょう。

人と比べなくても幸せになれる道がみつかれば、人の幸せもきっと大事にできるようになってくるはずです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

毒姉の特徴と毒姉をやめる方法についてまとめましたが、いかがでしたか?

毒姉の特徴が自分にあてはまった方は、ぜひこの機会に自分自身の行動を見直して家族と温かい関係を取り戻していって下さい。そうすれば自分自身の人生もきっと楽しいものになるはずです。