心理コラム【メンタリン】

行動や仕草でわかる深層心理|指・鼻・唇・腕など

time 2017/06/05

ふだん意識はしていなくても、何となく癖でついやってしまう動作ってありますよね。それは単なる癖ではないかもしれません。実は仕草には、その人の深層心理を表す様々な意味が隠されていることが多くあるんです。

今回はその代表的なものをいくつかご紹介します。あなたの目の前にいる人の考えていることも、仕草を見れば全部わかってしまうかも?

 

それ癖?行動や仕草でわかる心理

 

腕を組む

人が腕を胸の前で組む仕草は、拒絶や警戒を意味します。胸の内側には心臓や肺といった、極めて重要な臓器があり、それを無意識に守ろうとしているからだそう。

また、相手に自分のテリトリーに入ってこないでほしいという気持ちの表れでもあり、敵意を象徴します。

 

ある実験では、最初から最後まで腕を組んだ状態で講義を聞かせた学生グループは、そうでない別の学生グループに比べ、講義の内容の理解度が極端に低かったという結果が出ています。

これはたとえ意識的に形だけ作った仕草であっても、その人の心理状態に逆流して影響を与えるということが証明されたことになります。
それだけ心と体は密接に関係しているということですね。

 

スポンサーリンク

 

鼻をさわる

話している時に鼻をさわる人は、嘘をついたり隠し事をしたりしている可能性が高いです。まっすぐに目を見つめられると嘘をつきにくいことから、相手の視線を無意識のうちの逸らそうとしているのだとか。

確かに鼻をさわるような仕草をしている人は、落ち着かない様子で動揺していることが多く、同時に目線も相手ではなく別のところに向いていることがほとんどです。

相手が会話中に鼻をさわりはじめたら、その話の真偽をしっかり吟味したほうが良いかもしれません。

 

 

唇を舐める

これはストレスや不安を強く感じた場合に人がよくする代表的な仕草のひとつです。

大事なプレゼンや好きな人への告白など、緊張するイベントがあるとき、人はついつい唇を舐めてしまいますよね。強い不安やストレスを感じると、交感神経のはたらきが活発になり、唾液の分泌量がグッと減ります。

 

そうすると唇が乾くため、実際に”唇が乾いてきたな”という自覚がなくても、思わず唇を舐めてしまうという仕組み。余談ですが本当のことを言えば、唇が乾いた時に舐めて唾液で潤すのは実は逆効果なんです。

冬場に空気が乾燥して、唇を舐めれば舐めるほど時間とともにどんどん乾き、皮がめくれたりひび割れができてしまったりしたこと、ありませんか?

 

唾液はただの水分なので、唾液が乾く時に唇の水分を奪って一緒に蒸発させてしまいます。

乾きが気になるときはリップクリームやワセリンなど油分を含んだものでケアするようにしましょう。

 

 

唇に触れる

同じ唇に関する仕草ですが、指で唇をさわるのは”淋しい、甘えたい”とう願望の表れです。精神的に不安定だったり、孤独を感じて人のぬくもりが恋しいと感じていたりする場合があります。

赤ちゃんがお母さんのおっぱいを吸っていると愛情や安全を確認できて安心するのと同じで、自分で唇に触れることによってその欲求を満たそうとしているのだとか。

女性の方が男性の前でこの仕草をすると確かにとてもセクシーですが、必ずしも欲求不満のサインであるとは限りませんので、目の前の女性が唇をさわり始めたからといって早とちりしないように。

 

 

関節をポキポキ鳴らす

手指の関節を動かしポキポキと音を立てて鳴らす仕草は、自分に自信があり機嫌が良いことを意味すると言われています。

漫画などでも、いじめっ子やガキ大将のキャラクターが喧嘩をする前に指の骨を鳴らすシーンがよく描かれていますよね。

 

自分の力量に自信があり、それを相手の前でわざわざ披露するということは、好戦的だったり、相手を威嚇しているサインとも取られます。

また、ポキポキと軽快な音が鳴ると気持ちが良くてつい癖になってしまいがちですが、あまり鳴らしすぎると炎症を起こし、その部分が変形したり太くなったりする可能性もありますので、鳴らし過ぎには注意した方が良さそうです。

 

 

相手と同じような動作をする

これは専門用語で”ミラーリング”と言われる、相手に好意を持たせるテクニックの1つでもあります。

相手が足を組んだら自分も足を組む。相手がコーヒーを飲んだら自分も飲む。やりすぎると気づかれてしまう可能性もありますが、大抵の場合、真似をされた側はそのことに気づくことなく、真似をした人に対して好意的な感情を抱くようになる、というもの。

 

しかし無意識で行う仕草でも、自分が知らず知らずのうちに相手と同じ行動を取ってしまったり、逆に相手が自分の行動になんだか寄せてきていると感じる場合、そこには無意識の好意が隠されているのです。

人の気持ちは鏡のようなものと言いますが、意図せずに相手の動作を真似てしまい、相手がそれを見て自分に好意を抱き…という好循環が起こるのは素敵なことですね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたか?一時期メンタリズムなどというものが流行しましたが、難しい専門知識がなくても、相手の仕草をよく観察していれば、深層心理があぶり出されているものです。

自分が無意識のうちにとっている行動で、自分の本当の気持ちが見えてくることもあるかもしれませんね。ぜひ参考にしてみてください。

down

コメントする




スポンサーリンク




カテゴリー