無意識の仕草や行動で好意の有無がわかる心理とは?

無意識の仕草や行動で好意の有無がわかる心理について。人間の仕草や行動というのは無意識のうちに出ていることが多く、本音がわかることが多いです。異性にとって好意を持っている時にも、そういった仕草や行動に自然に表れているものです。

どういったことから好意を持っていることがわかるのでしょうか?

 

行動や仕草で好意があるかわかる心理

視線から好意がわかる

人は好意を抱いている相手に対して視線を送る頻度が高くなります。遠くからでも何となく視線を感じて、何気なくその方向を見ると目が合うという場合にはあなたにとっての好意を抱いている可能性が高いです。

また話している時にも、相手の好きな人の目を見つめてしまうという傾向がありますし、好きな人を見ている時には瞳孔が開きやすくなります。

そういった視線から好意がわかります。

 

スポンサーリンク

 

距離感が近い

人は自分との人との間にパーソナルスペースという人に入られたくない空間を持っています。

この空間の距離は相手によって違いますし、好意を持っている相手であれば近づきたいと思うもので、距離感が近くなります。

 

あなたが好きな人に対して近づいた時に、思わず後ずさりなどして距離をとられた場合には、その人のパーソナルスペースに踏み込んでしまい不快感を与えてしまったことが考えられます。その場合には今のところは、それ程好意を持たれていない可能性が高いです。

逆に異性が妙に距離が近いという場合には、あなたにとって好意を抱いているというサインにもなります。

ただ誰に対しても距離感が近いという人もいるので、他の人に対してはどうかというところを見るようにもしましょう。

 

 

髪の毛を触る

話しをしている時に異性が髪の毛に頻繁に触るという仕草を見せる時には、あなたに対して好意を持っているサインです。

髪の毛を触る仕草が好意につながっている理由としては、無意識ではあっても髪の毛を整えてより素敵に見られたいという意識が働くからです。

 

もう一つには、緊張をしてしまっているということが考えられます。

気になる異性と話をするということで緊張してしまう人は少なくありませんし、そのどうしようもないような気持ちを解消するために無意識に自分の髪の毛を触って安心しようとしているのです。

 

 

手足の動き

手足の動きもどういった感情を持っているのか判断するための材料となります。異性が腕組みをしている時には、自分を守ろうとする働きであり、心を開いていない、心を閉じている状態であると言えます。

無意識のうちに緊張感を感じている、居心地が悪いと感じているとも言えます。しかし組んでいる腕を下した場合には、心を開いてくれたサインになります。

 

スポンサーリンク

 

にこにこと笑顔で話をする

好きな人と会話をしていると、自然と笑顔が出てきてしまいます。自分と接する時には、いつも他の人といるよりも楽しそう、にこにことしている場合には、好意を抱いているサインと言えます。

会話についても盛り上げようと自分の方から努力をして、話をしているのもしっかりと聞いて広げてくれます。そういった異性は好意を抱いていて、距離を縮めたいと感じています。

 

 

他愛もない連絡がくる

異性に対しては用事がない時には連絡をしないという人も多いです。

しかし好意を抱いている人には、なるべく連絡をとりたいと感じてしまい、些細なことで連絡をくれることがあります。

 

特に他の人に対して連絡がまめだったりしない人、あまり積極的ではないようなタイプの人が、自分の方から連絡をくれるのには
好意が隠れている場合が多いです。

連絡の内容も質問文で終わっていて、話を広げようとしている、顔文字やスタンプなどで可愛らしく思いを伝えようとしているのであれば
脈ありです。

 

 

恋人の有無を質問してくる

好きな相手に恋人がいるのか?好きな人がいるのか?というのは最大の関心事とも言えます。異性から「恋人がいるの?」「好きな人はいるの?」と聞かれた時には、好意を持たれている可能性があります。

特に二人でいる時に聞かれると、可能性がより高いです。大勢の中で恋愛の話をしていて、話のネタのような感じでの流れであれば、それだけで判断することはできません。

 

このように好意を持っているというのは、無意識であっても仕草や行動の中に表れています。

仕草や行動の受け手の方もそういったサインに気付くことがあり、何だか好意を持たれていそうだなと感じることもあります。

 

人間は自分に対して好意を持たれている相手に対して、同じように好意を持ちやすいという特徴もあるので、異性の方からこういったサインを出されることによって、相手を意識してしまい、両想いとなり恋愛に発展していくケースもあります。

仕草や行動などを知って、好きな異性に使うことによって、相手に対して好意を伝えて、アプローチできるという効果もあります。

 

少しづつ好意があることを伝えた上で、相手に気づかせて、その上で告白をするということが恋愛を成就する上でも役に立つと言えます。

異性の仕草、行動に注目をして自分に対して好意があるかどうかを知り、アプローチにも活かせるということでぜひ活用したいものです。

スポンサーリンク