プレゼンで効果的なビジネス心理学|姿勢・アイコンタクトなど?

ビジネスの場面で非常に重要であるプレゼンテーション。しかし、やはりプレゼンは誰しも緊張するものではないでしょうか。そこで、プレゼンに効果的な心理学的なポイントを紹介します。知識を得ることで、多少なりとも落ち着いてプレゼンができるようになるでしょう。

 

プレゼンで効果的に使えるビジネス心理学

「AM理論」で聴衆を理解する

ある調査によると、聴衆が研修会やプレゼンの際に座る位置によって、その人のおおよその態度が分かるのだそうです。これをAM(Attitude Map:態度の地図)理論といいます。具体的には次のようになります。

  • ①話者からみて左側には好意的な人が多い
  • ②話者からみて右側にはあまり好意的でない人が多く、特にその中心人物は右側中央にいることが多い
  • ③話者からみて右後方の人は中立的な人が多く、話のしかたによって味方にも敵にもなりうる
  • ④中央に座る人は理性的な態度をとりやすい

 

これを踏まえると、プレゼンをするときの戦略も見えてきます。自分のプレゼン力にあまり自信がないのであれば、好意的な反応をしてもらいやすい左側の人に目線を多く置くといいでしょう。

一方で、自信がある場合はあえて右側に意識を置き、強く説得して意見を覆すと一気に引き込むことができます。また、中立的な人を敵に回さないよう、商品などを聴衆の手に回らせるときなどに、右後方から始めるとうまくいくかもしれません。

いずれにせよ、聴衆の心理がおおざっぱでもわかるだけでもかなり落ち着いて話すことができます。

 

スポンサーリンク

 

アイコンタクトは1センテンス・1パーソンを意識

大勢の前で話すときに重要なのが「目線」です。人間は、じっと見つめられるとどうしても緊張してしまう生き物ですが、あまりにもキョロキョロと目線を動かしていると聴衆に頼りなさや不信感を与えてしまいます。

一方で、落ち着いた目の動きで聴衆ひとりひとりを見ながら話すと、信頼感や安心感を与えられます。どのくらいから「落ち着いた」と思われるかというと、およそ15秒程度がいいとされています。

 

これが1センテンスと大体同じ長さのため、「1センテンス話すまでは目線は変えず、話し終えたら動かす」というのが効果的な目線の動かし方になります。

目線の動かし方も大切で、すべての聴衆を一度は見ておかないと、「全然こちらを向いて話してくれなかった」「こちらには伝える気がないのか」と感じられてしまいます。

 

そこで、目線を動かすときは「Z」を意識するといいです。これは広告の配置などにも生かされていますが、人間は「Z」の形に目を動かすクセがあるためです。

また、すべての聴衆といっても、人数が多い場合はひとりひとり順番に見ていてもなかなか目線が動かないため、聴衆からは「同じ人にばかり話しかけている」と思われかねません。

 

人数が多い場合は2~3人の中心を見て次に進むなど、ある程度おおざっぱでも問題ありません。相手の目を直接見ると、慣れないうちはどうしても緊張してしまいますので、そんなときは相手の鼻頭を見るといいです。

こちらは目線をそらしているようでも、相手から見ると目を見られているように見えます。

 

 

姿勢は「シンメトリー」を意識

心理学では「シンメトリーの原理」というものがあります。「シンメトリー」は「左右対称」ということで、われわれ人間は左右対称のものを美しいと感じる傾向にある、という原理になります。

ある実験では、女性が男性を好きになる要素として、年収や年齢よりも左右の対称性が大きく寄与していることが分かったのだそうです。

 

スポンサーリンク

 

普段の生活でもなんとなく「あの人はいやだな」「あの人はいい感じだな」と感じるのも、シンメトリーの原理が働いているからかもしれません。

そのため、プレゼンではできるだけシンメトリーを保ちながら話すことが非常に重要です。細かな内容を気にするよりも、形態を重視した方がいいのです。

 

しかし、プレゼンで緊張していると、気づかぬうちに変な体勢になってしまっていることがあります。たとえば、片足に体重を載せてしまったり、片手だけテーブルに載せてしまうなどがそうです。

これを防ぐためには、立って話す場合はいつもより少し大きく股を開いた状態で話すなど、ある程度練習が必要です。普段から意識しましょう。

 

 

スライドや原稿を読むだけでは効果は薄い

人間の感覚のうち、最も情報が多いのが視覚である、というのは誰しもわかっていることだと思います。これを踏まえれば、ただ原稿を丸読みしたものを聞くだけのプレゼント、視覚的なアピールを多く取り入れたプレゼンでは全く効果が異なってくることも自明ですね。

「視覚的なアピール」で最も重要なのは、ジェスチャーです。人間は「動くもの」に注意を引き付けられます。赤ちゃんでさえ、止まっているおもちゃよりも動いているおもちゃを見る時間が長いのだそうです。

 

だからこそ、手を大きく動かしたり、表情を大きく変えることが重要です。大げさな演技は恥ずかしいものですが、相手から見ると落ち着いているように見えるのです。

原稿はおおまかには覚えておく必要がありますが、多少いい間違いをしても大きな動きで伝えた方が相手には伝わりやすいものです。役者になったくらいのつもりで大げさにジェスチャーをしましょう。

プレゼンでうまくいかない場合は、心理学的な理解が足りないのかもしれません。いろいろと学習して、相手に伝わるプレゼンをしていきましょう。

スポンサーリンク