心理コラム【メンタリン】

嘘をつく人の心理|なぜ嘘をつくのか?理由や原因は?

time 2017/06/07

人と会話をしていれば、様々な話が出てくるでしょうが、明らかに話を誇張しているという人や、嘘をついているという人はわかります。それは、非現実的な話をしているということもそうですし、明らかに嘘と分かる状態なら、話し方から分かるからです。

嘘をつくことで、自分を守っているという人もいますが、それ以外にも嘘をつくには様々な心理状況が隠されています。今回は、嘘をつく人の心理状況を紹介していきます。

 

嘘をつく人の心理

自分を守るため

冒頭でも紹介した通り、嘘をつく人の基本的な心理状況として、自分を守るためというものが存在します。

自分を守るために嘘をつくというのですが、一つの物事に対して何か保守的になることによって、嘘をついてしまうわけです。

 

嘘をついてしまうこと自体に悪いという認識は存在せず、ただその場しのぎで嘘をついてしまうのです。

例えば、仕事をしていないのに仕事をしているという嘘ついたとして、これは自分自身を守っていることもそうですし、世間体を気にしていることによって、嘘をついてしまうのです。

 

自分の社会的な価値を考えると、やはり仕事をしている方が一般的な人間と認められるが故に、仕事をしていないのに仕事をしていると嘘をついてしまうわけです。

そのほかにも、嘘をつく人の心理状況として、自分自身を守れば何がどう動いたとしても問題ないというものが挙げられます。仮に、嘘をついたとして、相手が傷ついてしまったとしても、傷ついてしまったという事実はお構いなしなのです。

これは、人と接する上で、自分自身を第一に考えている御都合主義だからこそ生まれてしまう感情といっても良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

嘘で自分を作り上げる

嘘をつく人の心理状況は様々ですが、嘘をつくことによって、自分自身を構築するという人も存在します。

嘘で自分自身を作り上げることは、時にはその場しのぎの方法として一般的な方法ですが、先のことを考えるとそれが災いになってしまうこともあります。

 

仮にも、嘘で自分を作り上げてしまった場合は、その嘘を極力バレないようにしなければなりません。

バレないようにするためにも、多少なりとも神経を使いますし、嘘をついていれば何かボロが出てしまうので、いつかはバレてしまうのです。

 

ですが、嘘で自分を作り上げてしまう人は、バレてしまっても問題ないという考えをしているのです。

この理由として、自分に対して保守的になっているということもそうですし、嘘をついて自分を守ることに意味があるという心理状況があるからです。

 

 

人からよく見られたい

嘘をついてしまう人は、人からよく見られたいという欲求や心理状況が根付いているといっても良いでしょう。よく誰かと話をする際に、話を誇張して話すひとがいますが、話を誇張するあまりそれが嘘につながってしまうことがあります。

聞き手からすると、話を誇張していれば、すぐにわかりますし、嘘をついているということも見破られるでしょう。

 

しかし、嘘で固めた自分こそが、本当の自分だと嘘をつく人は錯覚してしまっているので、その自分を崩さないためにも多少の努力をするというのです。

その努力というのは、嘘をバレないようにするための努力であり、人からよく見られたいように見栄を張る努力なのです。

 

 

話を誇張するあまり嘘になる

嘘をつく人の心理状況は様々ですが、話を誇張するあまりそれが嘘になってしまっても、特に気にはしません。何せ、その誇張した話こそが、嘘をつく人を作り上げてしまっているからです。

嘘をつけば、違う自分を演じることができるという心理状況も隠されているでしょう。

 

違う自分を演じることによって、多少なりともそのことで賛同を得たとすれば、それが快感に変わってしまうのです。

快感に変わってしまった時こそ最後、より嘘をつく人を構築してしまうのです。話を誇張する人や、自慢をする人はその話を誰かに聞いてもらうことによって、優越感に浸りたいという気持ちもあるのです。

話をしたとして、何かアクションを起こしてもらえば、それが自己実現の方法になりますし、嘘をつく自分を認めてもらえたという実感にもつながってしまうわけです。

 

スポンサーリンク

 

嘘の重要性を理解していない

嘘をつくということは、時には人を喜ばせることも可能ですが、時には人を悲しませてしまったり、傷つかせてしまったりします。

嘘の重要性を理解していない人こそ、頻繁に嘘をついてしまう人なのです。狼少年という童話がありますが、嘘をついてしまうあまり、最終的には誰にも信用してもらえなくなってしまい、後悔してしまうのです。

 

嘘をついている人も、幾多となくそういった経験をしてきたにも関わらず、嘘をついているということは、それが癖になっているということもあるのです。

嘘をつく自分こそが本当の自分になってしまい、深層心理の中にいる自分は押し殺されてしまっているわけです。

down

コメントする




スポンサーリンク




カテゴリー