束縛する男の心理|あなたの彼氏は当てはまる?

束縛する男、彼氏の心理について。付き合ってた途端に彼氏から束縛されることはありますが、自分が他の男と一緒にいることや話をするだけで怒ることもあるので、一切連絡をとることもできなくなります。

男友達とも遊ぶことを許してくれないので、連絡を断たなければなりませんが、彼氏が付き合ってから束縛するのはどのような心理なのでしょうか。

 

束縛男の心理|あなたの彼氏は?

男友達とはいつ男女の関係になるか分からないから

彼氏が付き合った途端に束縛するようになるのは、男性の立場から考えていつ女性と関係を持つか分からないからです。たとえ友達でも男女が一緒にいれば間違いが起きるかもしれませんし、仲良くなるほど関係性も良くなっていきます。

そのため一緒にいると友達として仲良くなる一方で、異性として相手を意識することもあります。仲が良くなれば相手を信頼しているので、二人きりでどこかに行ったり話をすることもあるかもしれませんが、いつ恋愛感情が芽生えるか分かりません。

 

特にお酒を飲めば相手が友達でも異性を意識してしまうので、男女の関係になってしまう可能性もあります。自分が男の立場で考えた時に、女性と二人きりになれば関係を持ってしまうこともあるかもしれないと思っているからです。

そのため二人きりになることを避けるように意識しますが、相手が友達だと避けることも難しい時もあるでしょう。そのためいくら友達でも万が一のことを考えてしまうので、彼女に対して束縛をしてしまうのです。

女性は相手のことを信頼していたとしても、男性から誘われた時には流れに身を任せてしまうこともあるので、心配をしてしまいます。付き合い当初は特に彼女の友達関係も分からないので、できるだけ男性を近づけなくないと思って束縛をしてしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

ヤキモチを焼いてしまう

付き合った途端に束縛しようとする彼氏の心理としては、彼女に対してヤキモチを焼いてしまうことが原因のひとつです。男はどっしりと構えていて欲しいとは思いますが、自分に自信がないので彼女に男を近づけたくないのです。

恋愛では不安に思うことはよくありますが、不安な気持ちが強いほど束縛も酷くなっていきます。せっかく付き合えた彼女なのに、他の男友達と仲良くしていれば、取られてしまうと思ってしまいます。

 

付き合い当初は恋愛に不安は付き物なので、余計に彼女との恋愛に不安を抱き束縛してしまいます。彼女が男友達と仲良くしている姿を見ただけで不安な気持ちになり、自分には見せないよな笑顔を見せていると思い込んでしまいます。

恋愛の不安な気持ちがすべて男友達への不信感に繋がってしまうので、できるだけ彼女から引き離したいと思ってしまうのです。自分に自信があって彼女を信頼することができれば、束縛するよりも友達も大切にしてと言うことができるでしょう。

しかし心に余裕がない分だけ彼女と男友達にヤキモチを焼いてしまうので、束縛したくなってしまうのです。

 

 

自分の知らない彼女の姿を知っているから

好きな彼女と付き合うことができたことは嬉しいですが、自分はまだ彼女のことをよくは知りません。これから徐々にお互いの距離を縮めていくことが恋愛ですが、自分の知らない彼女の姿を男友達は知っています。

男友達はあくまでも友達として今まで付き合って生きたので、自分が知らない彼女の姿を知っていて当然です。友達によっては何年もの付き合いがありますし、彼女の過去の男性遍歴も知っているでしょう。

 

自分が知らないことをたくさん知っているのが友達なので、自分が彼女のことを知らない分だけ不安になり、焦りを感じてしまいます。自分と一緒にいない時には自分よりもたくさん彼女を知っている男友達といると思うと、不安な気持ちで押しつぶされてしまうでしょう。

ある程度付き合いが長くなって彼女のことを知ることができれば、彼女との恋愛にも自信が持てますし、友達とも普通に接することができるようになるでしょう。

しかし付き合い当初は不安な気持ちの方が大きいので、彼女の友達に対しては敵対心を抱いてしまうこともあります。自分が彼女のことを一番理解したいという気持ちの強さから、束縛をしてしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

男友達との関係が信用できない

彼女のことは信頼することができても、男友達のことは信用することはできません。これは自分が友達付き合いをしてきた訳ではないので、彼女の男友達がどんな人か、どんな性格のなのかも分からないからです。

過去に彼女とどんな関係があったかも分からないので、信用しろといっても難しいでしょう。束縛してしまうのは彼女のことが信頼できないのではなく、彼女の男友達が信用できないことが要因のひとつです。

 

彼女の友達を含めて仲良くなることができれば、実際に男友達とも話をすることができますし、どんな相手かを確かめることができれば信頼することができるでしょう。

しかし自分があったこともない男友達のことを信頼することはできませんし、彼女からは自分の友達なので良いことしか言わないでしょう。社交的な彼氏であれば彼女の友達とも会いたいと思いますし、一緒に仲良くなりたいと思うはずです。

自分が直に会って接することで、ようやく相手のことが信用することができるので、束縛している時はまだ男友達のことを信頼していないといえます。

 

 

自分に自信がないので男性を近づけたくない

自分に自信を持っている人は少ないかもしれませんが、恋愛に関して自信を持っている人はさらに少なくなるでしょう。彼女と自信を持って始めから付き合うことができる人は少ないですし、徐々に信頼し合うことによって自信を持てるようになります。

付き合い当初は信頼関係もなく不安なまま恋愛をしているので、相手を束縛してしまうのは仕方ありません。好きな相手を他の人に取られたくないという気持ちから、束縛をしてしまうことは誰にでもあることです。

 

自分に自信がないと彼女が他の男性に取られてしまうのではないか、常に不安に思ってしまいます。特に男友達は彼女と普通に接するので、二人の姿が仲良く見えてしまいます。

友達として仲良くしているだけですが、彼氏からすれば必要以上に仲が良く見えてしまうので、相手のことを好きのかと疑ってしまいます。すべて自分に自信がないからこそ被害妄想をしたり、彼女のことを必要以上に疑ってしまうことが、束縛に繋がってしまうのです。

付き合いが長くなって信頼できるようになれば、自ずと束縛も和らいでいくはずです。

 

スポンサーリンク

まとめ

彼氏が彼女のことを束縛したくなるのは、恋愛に対して不安な気持ちが大きいことが原因となります。付き合いが長くなって彼女が信頼できるようになるまでは、束縛することもあるかもしれませんが、彼女のことを信頼することも愛情のひとつとして意識することが大切です。