心理コラム【メンタリン】

DVする彼氏の心理とは?どんな気持ちなの?

time 2017/09/06

DVする彼氏の心理について。付き合う前までは優しく、自分のことをとても思ってくれていると思えていたのに、付き合ったら彼氏がDV男に豹変してしまったという経験はないでしょうか。

もしかしたら今現在、そのような彼氏を持つ女性もいるかもしれませんね。DV男となってしまった彼氏は、彼女に対して何を思い、どのようなことを期待しているのでしょうか。

DV彼氏の心理に迫り、彼氏の表面上のDVだけではなく、思いまでを把握できると、また違った見方ができるかもしれません。

 

DVする彼氏の心理

よそ見をしないでほしい

自分以外の男を見ないでほしいと思う男性もいれば、相手が例え同性であっても嫉妬心を持つDV男がいます。付き合ったことで、自分の所有物かのように感じている彼氏は、あなたが勝手によそ見をしないよう、押さえつけている状態です。

他の男性と話をしていたり、LINEや電話をしているだけで、DV彼氏は「よそ見をしている」と感じ、嫉妬心を持ちます。

 

よそ見をしたことに対しての「お仕置き」としてDV男となってしまう人もいれば、「予防」として振るってしまうこともあります。素直に「自分以外見ないでほしい」「自分だけを見ていて」と言えないことで、DV男へと豹変してしまっている彼氏。

だからといってあなたが悪い訳ではありませんが、DV男となっている彼氏には、「彼女に思われている」という自信が足りていない可能性が高いです。

もっと「好き」という言葉を伝えたり、一緒に居る時は彼氏だけに集中するなどの方法をとることで、嫉妬心を抱きやすいDV彼氏を抑えることができるかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

自分の指示に従わせたい

DV男の多くは、「自分に従わせたい」という欲を持っています。当然、付き合っているとしても、異性であり他人であることから、お互い意見や価値観が一緒という訳ではありませんよね。

時に喧嘩になり、相手の違う意見を聞き入れなければならないことも多々あるものでしょう。このような場面で、「自分の思い通りにさせたい」「自分の考えに従え」という思いを持つ男性は、DV男へと豹変してしまいます。

 

力ずくで彼女を支配し、自分の思った通りの交際の仕方や選択をするようになります。主導権を常に握っていたいと思っていると同時に、自分に歯向かう=自分の敵とみなしてしまうことで、DV男へとなってしまいます。

彼氏の中では、付き合っている彼女に対して「敵」という見方は抱きにくいものですが、意見の違いが出てしまうと、彼女を「修正させたい」「改善させたい」と思ってしまいます。

 

それは彼氏の中で彼女が「味方」という意識でいるために、出てしまう感情です。身近な人だからこそ自分のルールにのっとってほしい、味方だからこそ意見は一緒じゃなくてはならないという思いが、DV男へと豹変させています。

そのため、自分の思いとは違っても、DVに恐れて我慢し彼氏に合わせ、無理に付き合っている女性も数多く見られます。耐えるだけではなく、距離を置いたり、第三者に入ってもらうという方法も取りいれるよう、工夫が必要になるでしょう。

 

 

自分への思いが強いと思い込んでいる

DV男に豹変しても尚、一緒に居続ける、別れをきり出さないという彼女を見て、その彼氏は安心しきっている可能性があります。

自分以上に、彼女は自分のことを思っていて、「離れたくない」「離れられない」とまで思っていると、自意識過剰気味に思い込んでいる可能性があるのです。

 

DVという行為は、付き合っているカップルであっても当然許されない行為。

ただ、一度それを許してしまい受け入れてしまったあなたに対して、「この彼女は何をしてもついてきてくれるはず」という自信がついてしまっていることが考えられます。

 

スポンサーリンク

 

DV自体悪いことだと思っていても、彼女が逆らったり従わない時は、DV男になって押さえつけてしまえば自分の言いなりになるというメリットが、彼氏にとって快感の一つとなっていることもあります。

「好きだから」という理由だけでその彼氏と一緒に居る場合、あえて離れそうなそぶりをして見せると効果があるケースもあるのです。

 

「いつ失うか分からない」「好きではなくなっているかも」と、多少の危機感と不安をDV彼氏に与えることでその思い込みが消え、DV行為をやめてくれる可能性もあります。

自分を好きでいてくれている、自分のことを絶対に必要としてくれていると思い込んでいる彼氏は、その安心や自信から、理性や制御が難しくなっているのかもしれませんね。

 

 

まとめ

DV男と付き合うことに、女性にはメリットと言えるものはないでしょう。

ただ付き合う前にはこの姿を見せないため、好きになってしまってから気付くということも少なくなく、DVをされる以上に気持ちの方が大きいと、別れを決断しない女性も多いです。

 

だからといって、このまま野放しにしておいても、DV彼氏は変わってはくれません。

どのような思いがあって自分にDVしてくるのかを理解し、その思いを解消してあげることで、徐々にDV彼氏から元の彼の姿に戻るよう誘導していけると良いですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




カテゴリー