幸せに生きるには?不幸な人と考え方の違いは?

この世の中には、想像を超えた素晴らしい大自然があり、美しく鳥が鳴き、綺麗な花が咲いています。また、美味しい食べ物があり、素敵な音楽があります。こんな天国のような世の中で、幸せに過ごす人がいれば、その一方で不幸せに過ごす人がいます。同じ世の中で暮らしていながら、この違いはどこから来るのでしょうか。

今回は、毎日を幸せに過ごす人と、不幸せに過ごす人の違いと、どうすれば毎日を幸せに過ごせる様になるのかを考えてみましょう。

 

幸せな人と不幸の人の違いは

いつも暗い顔をしている人がいます。口を開けば不平不満、愚痴や文句ばかり。楽しいことなど微塵も口にしません。時には人の揚げ足をとったり、時には陰で人の悪口ばかりを口にします。

さすがに聞かされる方もうんざりしてきて、この人と付き合いたいと言う気持ちが、だんだんと薄らいでいきます。この人はまるでこの素敵な世の中を、まるで地獄で生活しているかの様にみえます。

 

一方、毎日を幸せそうに過ごす人がいます。その人をじっと見ていると、いつもの様に顔には笑顔が絶えません。口にする言葉は明るく楽しく、いつも前向きです。

話題も豊富で、人には親切です。困る人を見かければ、勇気付ける言葉をかけて励まします。この人の周りには、多くの人が集まり、その人を慕います。

それはまるでこの世を天国のように幸せに生きているかの様です。それぞれの生きる状況は、判で押したようにまるで正反対です。何故この様なことが起きてしまうのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

考え方の違いがそれぞれの状況の違いとなる

「人は考えている事がその人自身」です。つまり普段何を考えているかが、その人そのものであり、その考えていることが、そのまま生き方や過ごし方に反映しているということです。

幸せな考え方の持ち主は、自然と自分の周りに幸せな状況を作り出します。逆に、不幸せな考え方の持ち主は、不幸せな状況を作り出してしまっています。

 

 

不幸な人の後ろ向きな考え方

例えば、朝起きた時、シトシトと雨が降っているとします。それを見て「あ〜、今日はなんだかツイてないな〜」と心が憂鬱になります。

そういう憂鬱な想いを抱きながら家を出ると、道路を走る車に雨水を掛けられます。思わずこのヤローと叫ぶかもしれません。

 

次に、雨水で濡れたパンツを気にして、うつむき加減で歩いていると、すれ違う人と肩が当たってしまいました。もともと朝から不機嫌なので、場合によっては、その肩が触れた人に因縁をふっかけてしまうかもしれません。

バス停にたどり着けば、すぐ目の前でバスが発車してしまいます。なんとあと15分も雨の中で、次のバスを待たなければならない。

 

この様に、たまたま朝の曇天に気分を憂鬱にしたのをきっかけに、自分の気持ちがふさぎ込んでいるときに限って、次から次へとツイてないことが、連続するして起きる経験をしてしまいます。

この様な経験をした事はありませんか。

 

スポンサーリンク

 

幸せな人の前向きな考え方

逆に、朝目覚め、雨が降っていたとしても、「この雨が食物を育てる恵みの雨となるのだ!」と、発想を切り替えて、心軽やかに家を出ます。

すると、以前心を寄せていた、憧れの女性とバッタリと合い、話が弾むや否や次に会う約束をするかもしれません。天気は悪くても、心ウキウキ胸を張って歩けば、せっかくの出会いのチャンスをのがすことはありません。

 

たとえ目の前でバスが発車してしまっても、またすぐ来るだろう心を切り替えます。すると何故か次のバスがすぐにやって来ます。

少し極端な例かもしれませんが、それぞれの考え方の波動が、それぞれの違った状況を呼び寄せたのです。

 

 

幸せに生きるには

人は何も考えないと、不幸なことを考えがちになります。それは自分の身を守る上での、当然のことと言っても過言ではありません。例えば、この先病気をしたら困るから、保険に加入しておこうとか、もしもの時のためにお金を貯めておこうとか。

この様に、大方の人は負の発想から、次の行動が決まりがちになる場合が多いということです。保険に加入する事や、貯金をする事を否定しているのではありません。その様な傾向になりがちになるという事です。

 

つまり、幸せで前向きな発想になるには、努力がいるという事です。その様に自分の考え方を仕向ける努力が必要だということです。

雨が降っていれば、雨から連想される楽しいことを考える努力をします。嫌なことがあれば、次はいいことが起きると、発想を転換する努力をします。

 

考え方は習慣です。幸せな考え方をする様に努力を重ねていれば、必ず幸せな考え方が身に着いて来ます。

しかし習慣が身についてきたと思っても、それを邪魔する出来事が必ず起きます。そしてマイナスの発想が頭をもたげてきます。しかし、そこは意志の力で考え方を転換してください。たとえ嫌なことが起きても、このことが自分にとって必要なことだから起きているのだと。

 

ただただその繰り返しです。そして幸せな考え方が身に着けば、幸せになれます。何故なら、「人は考えている事が、その人自身」だからです。

さあ、あなたもこの瞬間から、幸せに向かって歩き出すことができます。

スポンサーリンク