第一印象が決まる要素は?印象を良くする法則とは?

第一印象が決まる要素、良くする法則について。皆さんはどれほど「第一印象」を大切にしていますか?人は見た目ではなく中身が大切と考えている人も多い一方で、第一印象は2年間もの長きに渡って潜在的に残ってしまいます。

第一印象はたった数秒間で定着してしまいますので、その後何を発言し行動したとしても脳裏に第一印象が過ぎってしまいそのイメージを変えることが難しくなってしまうのです。相手に良い第一印象を与えるために大切なことを解説していきたいと思います。

 

第一印象が決まる大きな要素とは?

第一印象の内訳は「3Vの法則」で解説することができます。まず、3Vとは「視覚」「言語」「聴覚」の3種類の情報の頭文字を取ったものでそれぞれ視覚情報が55%、言語情報が7%、聴覚情報が38%の割合で自身の行動によって相手が受け止める印象が形成されます。

そのため、最も印象形成に影響を及ぼす容姿や表情、仕草など視界から得る情報に気をつける必要があるのです。

 

スポンサーリンク

 

「不快にさせない」少しの意識で人間関係が良くなる?

社会人ともなれば友達といえどもお互いの利害関係によって不快に感じる場合でも付き合う必要はありますが、学校や塾・プライベートで誰と過ごすかは自身の好みで決めることが多いのではないでしょうか?

要するに友人とは「一緒に過ごして気分が良くなる」人間のことを指しているのです。では友人の多い人気者になるためには「人が不快になる要素」を出来る限り少なくする意識を持つことが重要となります。

 

そうすると「人が不快になる要素」とは一体何でしょうか?社会人であるなら「スーツのジャケットにフケが付いている」とか「髪の毛がボサボサで無精髭を生やしている」「爪が伸びていて汚れている」などなど。

いずれも少しの意識で取り除くことができますよね?実はビジネスマナーというものは「人が不快になる要素」を取り除く方法と解釈することもできるのです。

 

 

相手の気分を良くする

「人が不快になる要素」を意識的に取り除けたあなたが次にすべきことは「相手の気分を良くすること」です。これは無理やり相手をヨイショしろと言っている訳ではなく、声のトーンや表情などを変えるという意味です。

具体的には、笑顔を作って相手の話を聞くことやドスの利いた声ではなく明るいトーンで話すなど簡単なことで構いません。

 

もちろん、お笑い芸人さんのようにストーリー性のある面白い話が出来るに越したことはありませんが、それはある種の特殊能力でひとえにやれと言われてもできません。

特に社会性の高い動物である人間においては表情により危険を察知し身を守る一方で仲間との協調意識を高める道具でもあるため印象形成に最も大切なファクターと言えるでしょう。

「笑い」は伝染するように笑顔は相手を楽しい気持ちにさせる最も簡単な方法なのです。

 

スポンサーリンク

 

第一印象で良い印象を持ってもらうには

第一印象で「面白い人かも」や「いい人そう」とプラスの印象を与えたということは、それだけ次のアクションでガッカリさせてしまう可能性が高くなります。

人の記憶は感情が動かされることで深く根付くと言われているので期待通りのアクションができれば確実に相手に友達になりたいと思わせることができるでしょう。

それでは、相手の期待を満たすにはどうすれば良いのでしょうか?今回は3つの方法をご紹介します。

 

 

相手の行動を「ミラーリング効果」

一つ目は「ミラーリング効果」を意図的に活用する方法です。

ミラーリング効果とは好意を抱いている相手の所作を無意識に真似してしまうことで、それは相手にも好意を抱かれていると伝わります。

 

そのため、意識的に「飲み物を飲むタイミングを合わせる」ことや「相手の感情に自分の感情も合わせる」ことで相手は自分の味方と認識してくれることが多いので実践してみましょう。

ただし、相手の話した言葉を反復すると不快に思う人が多いので試すときは些細な行動から行うようにしてください。

 

スポンサーリンク

 

受け入れる

二つ目は「相手を受け入れる」ことです。「類は友を呼ぶ」という言葉があるように自分と似た趣味や考えを持つ人に好意を抱くものです。

そこで、少しは自分の考えと「違うかな?」と感じても「そうだよね!」と肯定してあげることが大切です。

 

一方で、自分の考えと異なる意見を肯定することは自分自身の負担になりストレスの原因となる危険性もあるため、何でもかんでも肯定し続けるのは決して良いとはいえません。

最後は私と相手の二人だけの「特別」を共有することです。具体的には、海外映画などでよく見られるコミュニティ独自の「握手」です。

 

これはユニフォームに似た存在であり、自分と同じ意識や物を共有することで仲間意識が強くなることを活かした行動と言えます。恋人同士がペアルックの衣服を購入したり、社会性を培う学校で同じ制服を着用するように言われるのはこのためでもあります。

ただし、出会ってすぐに「特別」を共有したがると却って気持ち悪がられることもあるため、ある程度相手のことを知った上で友情に追い込みをかける意味で行うといいでしょう。